医師ポイントサイトを比較する

医師向けポイントサイトを比較してみます。

稼げる順としては以下の通りです。

エムスリー=プラメド

メドピア=ケアネット

エスマックス

MCI

日経メディカルオンライン

メディカルトリビューン

番外編:IQVIA、Dr.アルなび

サイトによっては、紹介キャンペーンが行われており、会員医師の紹介で登録するとポイントがもらえるものがあります。お問い合わせから、氏名(匿名・ニックネーム可)、メールアドレス、〇〇のサイト紹介希望と送っていただければ、ご招待メールを返信いたします。

稼いだポイントはAmazonギフト券や図書カードなどに交換できます。

【公式】Amazonプライム会員【30日無料体験】

医師ポイントサイトと切っても切れない関係の「アマゾン」。 ポイントを稼いで交換した「Amazonギフト券」を上手に使うためには、「プライム...

それでは、この順で見ていきましょう。

エムスリー(m3)

まずは、世界各地で医師向けサイトを運営しているm3.comです。

2017年の時点で、世界中で400万人以上、日本で27万人以上の医師が登録しているようです。

MR君(薬剤情報)クリック、Web講演会、アンケートでポイントをもらうことができ、特にアンケートの数がかなり多いです。

月5000-10000円稼げます。

2020年6月現在、紹介キャンペーン実施中です。

詳しくは下の記事をご覧ください。

医師向けポイントサイト、エムスリー(m3)で月に5000円小銭を稼ぎましょう。 もらえるポイントが毎年どんどん改悪されていますが、それ...

プラメド(Plamed)

プラメドは、マーケティング支援事業などを行う東証一部上場の株式会社インテージホールディングスのグループ会社だそうです。

2017年3月時点で、約45000人の医師が登録しているようです。

メールでアンケートが届き、それに回答するとポイントがもらえます。

1つ3000ポイントといった高額アンケートが多いです。

月5000-10000円稼げます。

2020年6月現在、紹介キャンペーン実施中です。

詳しくは下の記事をご覧ください。

医師向けポイントサイト、プラメドで月に5000ポイント小銭を稼ぎましょう。 サイトの中でもここはかなり稼げるほうです。 このサイ...

メドピア(MedPeer)

「国内医師の3人に1人が参加する、国内最大級の医師専用コミュニティサイト。」

とのことで、10万人は登録しているようです。

こまめにクリックして稼ぐタイプのサイトです。

薬剤評価をしたり、薬剤情報・医療情報をクリックしてポイントを貯めます。

月4000-10000円稼げます。

2020年6月現在、紹介キャンペーン実施中です。

詳しくは下の記事をご覧ください。

医師向けポイントサイト、メドピアで月に4000ポイント小銭を稼ぎましょう。 私はこれくらいしか稼げていませんが、努力次第ではかなり稼げ...

ケアネット(CareNet)

「臨床医学教育メディア」というだけあり、インターネット講義が充実しているサイトです。

2017年12月末時点で、138896人の医師が登録しているようです。

臨床医が勉強できるようなコンテンツが揃っており、内科専門医試験対策もあるようです。

ここでも、eディテーリング(薬剤情報)やWeb講演会、アンケートなどでポイントを稼げます。

Web講演会で獲得できるポイントは、このサイトが一番高いと思われます。

アンケート数はやや少ないため、依頼が来たら逃さないようにしましょう。

月3000-6000円稼げます。

2020年6月現在、紹介キャンペーン実施中です。

詳しくは下の記事を参照してください。

医師向けポイントサイト、ケアネットで月に5000ポイント小銭を稼ぎましょう。 費やす時間の割にはかなり稼げるサイトです。 このサ...

エスマックス(S.MAX)

エス・マックス株式会社は医薬品情報データバンクとして医薬品情報の調査データを製薬会社等に提供している会社です。

MRとの面談やインターネットサイト等で宣伝を受けた1薬剤を入力毎に80ポイント稼げます

月4200円稼げます。

詳しくは下の記事を参照してください。

医師向けポイントサイト、エスマックスで月に4200ポイント小銭を稼ぎましょう。 サイトの中でもここは最も安定して稼げるサイトです。 ...

エムシーアイ(MCI)

株式会社エムシーアイは、2007年に設立されたヘルスケア業界でのマーケティングを行う企業です。

6万人以上の医師が登録しているようです。

アンケートに答えることで稼げます。

アンケートは月に2つほど届き、1つあたり1000〜3000ポイントもらえます。

月3000円稼げます。

2020年6月現在、紹介キャンペーン実施中です。

詳しくは下の記事を参照してください。

医師向けポイントサイト、MCI(エムシーアイ)で月に3000ポイント小銭を稼ぎましょう。 このサイトについて少し分析してみました。 ...

日経メディカルオンライン(NMO)

日本経済新聞社の子会社である日経BP社のサイトです。

2018年の時点で16万人の医師が登録しているようです。

Web講演会、e-Detail(薬剤情報)を見たり、アンケートを答えたりすることでそれなりに稼げます。

アンケートは普段は1つ10円のものがほとんどですが、ときどき1つ3000円の高額のものが来ます。

月1000-3000円稼げます。

詳しくは下の記事を参照してください。

医師向けポイントサイト、日経メディカルオンラインで月に3000ポイント小銭を稼ぎましょう。 稼げる額はやや少なめですが、登録しておいた...

メディカルトリビューン(Medical Tribune)

メディカルトリビューンは、老舗の医学新聞社です。

1968年に医学新聞を創刊して以来、医学情報を発信し続けているようです。

サイトによると、2018年4月の時点で、114000人の医師が登録済みだそうです。

マーケティング会社である、IQVIAソリューションズ・ジャパン株式会社(旧アイ・エム・エス ・ジャパン株式会社)と業務提携しており、そこからメディカルトリビューンを通じてアンケートの依頼がきます。

専門的で時間はかかりますが、高額なアンケートが多いように思います。

しかし数はそれほど多くなく、月1000-3000円稼げます。

2020年6月現在、紹介キャンペーン実施中です。

詳しくは下の記事を参照してください。

医師向けポイントサイト、メディカルトリビューンで月に1000ポイント小銭を稼ぎましょう。 数は少ないですが、ときどき高額なアンケートが...

番外編①:IQVIA(アイキューヴィア)

IQVIAは、本社がアメリカにあるグローバル企業です。

事業内容はヘルスケア・メディカル業界向けマーケットリサーチとコンサルティング業だそうです。

サイト上でアンケートに回答するのではなく、勤務先にアンケートが届き、手書きで回答する方式のため番外編としました。

メディカルトリビューンに登録する際、IQVIAと調査共同利用に同意をすると、アンケートが届くようになると思われます。

時間はかかりますが、書けば書くほどかなりの金額を得ることができます。

日本医療統計への回答で40000円稼げます。

詳しくは下の記事を参照してください。

IQVIAのアンケートで年間80000円小銭を稼ぎましょう。 コツコツ少しずつ回答するタイプではなく、一気にたくさん回答して稼ぐタイプ...

番外編②:Dr.アルなび

Dr.アルなびは、株式会社エムステージが運営する、医師向けのアルバイト求人・転職サイトです。

医師ポイントサイトというわけではありませんが、アルバイトや転職をしたり、毎日サイトを開けることでポイントをもらうことができるため番外編としました。

他のアルバイト求人・転職サイトにはポイント制度がないため、同じ求人であればこのサイトから応募した方がお得です。

アルバイトや転職をしない場合でも、サイトを毎日一瞬開けるだけで月300円稼げます。

詳しくは下の記事を参照してください。

医師向けのアルバイト求人・転職サイト、Dr.アルなび・Dr.転職なびに登録して7000円のキャンペーンポイントを稼ぎましょう。 アルバ...

まとめ

かなり稼げるサイトから少ししか稼げないサイトまでありますが、とりあえず全て登録してみましょう。

どのサイトも無料です。

それほど労力をかけなくてもたくさんポイントをもらえることがわかると思います。

なお、個人情報流出が少し気になる以外、登録することによるデメリットはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする