IQVIAで年間5万円稼ぐ

IQVIAのアンケートで年間50000円小銭を稼ぎましょう。

コツコツ少しずつ回答するタイプではなく、一気にたくさん回答して稼ぐタイプのアンケートです。

このアンケートについて少し分析してみました。

実際に稼ぐ方法をみていきましょう。

はじめに

IQVIA(アイキューヴィア)ソリューションズジャパン株式会社は、ヘルスケア・メディカル業界向けマーケットリサーチとコンサルティング業を行う企業です。

2018年4月にアイ・エム・エス・ジャパン株式会社より商号が変更されました。

IQVIA本社はアメリカにあり、グループ全体で58,000人の社員が100以上の国と地域で活躍しているグローバル企業です。

2017年ごろから、私の勤務先にアンケートが入った封筒が届き始めました。(当時社名はIMSでした。)

アンケートに答えると、1週間くらいでAmazonギフト券番号がメールで届きます。

ポイントをギフト券に交換するなどといった作業は必要ありません。

ギフト券の金額は回答した件数に応じて増えていきます。

年間50000円くらい稼げます。

会員登録する

会員登録といっても、IQVIAに直接登録することはできません。

業務提携をしている「メディカルトリビューン」に会員登録しましょう。

メディカルトリビューンホームページ

その際、登録画面下の方にある「調査パネル共同利用の同意」欄で「承諾する」にチェックを入れましょう。そうすればIQVIAからアンケートが届くようになると思われます。

なお、メディカルトリビューンに登録している医師の紹介で入会すると、もれなく1000ポイント=1000円もらえるキャンペーンが常に行われています。(2019年8月現在キャンペーン実施中)

普通に入会しても何ももらえないため、会員の紹介で入会するのがお得です。

会員登録の画面で、私のキャンペーンコード「0312MF5vECpAAM」と入れていただければ、もれなく1000ポイントもらえます。是非コードを入力してご入会ください。

もしくは、お問い合わせから、氏名、メールアドレス、メディカルトリビューン紹介希望と送っていただければ、私から登録方法・コードが記載されたご招待メールを送ることもできます。

アンケートに回答していく

登録したら、あとは勤務先にアンケートが送られてくるのを待つのみです。

現在私のところには「日本ディーテイリング統計」「日本医療統計」の2種類のアンケートが届いています。

なお、IQVIAのホームページには、下記のように様々な統計を扱っているとの記載があり、他にもアンケートが届く可能性があります。

  • 医薬品市場統計(病院版・開業医版):JPM
  • 日本医療統計(開業医版・病院版):JMDG・JMDH
  • ディーテイリング統計(MRディーテイリング):JDI
  • ディーテイリング統計 卸版 (MSディーテイリング):JDIW
  • 医薬品地域販売統計:JRSR
  • 医療品採用軒数統計:JCC
  • 医薬品地域採用軒数統計:JRCC
  • 疾病別医薬品市場統計:JPDM

アンケートは手書きで、記入後同封されている返信用封筒に入れて送ります。

そうすれば1週間くらい後にメールでギフト券が届くといった手順です。

「日本ディーテイリング統計」

「日本ディーテイリング統計」とは、MRが宣伝した薬剤を記入していくアンケートです。

調査期間は2週間で、記入する項目は「月/日」「面接 or eコンタクト」「MRの会社名」「宣伝商品」「剤型」「含量」「現在使用 有or無」「宣伝時発注 有or無」です。

20社以上記載すれば、3500円分のAmazonギフト券もしくは図書カードがもらえます。

m3.comのMR君も「eコンタクト」として記入可能なので、20社以上は簡単に書けます。

ホームページには四半期の調査と記載があり、3ヶ月に1回届くはずですが、そんなに届いていないような気もします。

これで年間7000円獲得を目指しましょう。

「日本医療統計」

「日本医療統計」とは、診察した疾病に対する投薬内容を記入していくアンケートです。

病院版と開業医版がありますが、内容は同じです。

調査期間は1週間で、記入する項目は1ページあたり1症例、「診療日」「患者情報」「初診 or 再診」「疾病名」「投薬した薬剤名」「剤型」「含量」「1日用量」「何日分」「投薬 初 or 再」「期待薬効」です。

記入症例数に応じてAmazonギフト券がもらえます。

〜99症例     2000-7000円
100〜150症例 10000円
151〜200症例 15000円
201〜250症例 20000円
251〜300症例 25000円
301〜350症例 30000円

301症例以上記載すれば30000円分のギフト券がもらえますが、手書きのためかなり手間がかかります。

直近のアンケートでは私は251症例でギブアップしました。これでも半日〜1日かかりました。

早く終わらせるコツは、同封の記入方法の手引きを最初によく読み、略語・約束処方を使いこなすことです。病名、処方薬の略語表を自分で作って別紙に記載、それを使っていきましょう。

例えば、下記のような略をあらかじめたくさん準備しておくとある程度楽になります。

疾病名:
HT→高血圧症
DM→糖尿病

薬剤名:
ロキレバ→ロキソプロフェンNa 錠 60mg 1T + レバミピド 錠 100mg 1T
アムロ5→アムロジピン 錠 5mg 1T 28日分

ホームページには半期の調査と記載があり、6ヶ月に1回届くはずです。

アンケートの中では抜群に時間がかかりますが、半日ちょっとで手取り25000円のアルバイトというと、医師以外の職業の方は羨ましがるのではないでしょうか。

これで年間50000円獲得を目指しましょう。

まとめ

このように、IQVIAでは「アンケート」で稼いでいきます。

着実に小銭を稼いでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする