日経メディカルオンラインで月3000ポイント稼ぐ

医師向けポイントサイト、日経メディカルオンラインで月に3000ポイント小銭を稼ぎましょう。

稼げる額はやや少なめですが、登録しておいた方がいいでしょう。

このサイトについて少し分析してみました。

実際に稼ぐ方法をみていきましょう。

はじめに

日本経済新聞社の子会社である日経BP社の医学・医療情報サイトです。

2018年の時点で16万人の医師が登録しているようです。

他サイトと比較し、医師が書いているコラムが充実しており、けっこう面白いです。

登録していると、Web講演会やMReach(薬剤情報)を見たり、アンケートに答えたりすることで「Exp」や「ポイント」がもらえます。

「Exp」がたまると「ポイント」になります。

500Exp単位で自動的に250ポイントに変換されます。

1ポイント=1円

1Exp=0.5ポイント=0.5円です。

そして貯まったポイントは、Amazon(R)ギフト券、図書カードNEXT、全国共通ギフト券(500ポイント〜)に交換できます。

だいたい月2000-3000円は稼げます。

会員登録する

まずここから会員登録しましょう。

日経メディカルホームページ

2016年に、日経メディカルに登録している医師の紹介で入会すると、お互い1000ポイントもらえるキャンペーンが行われていたようですが、それ以降は行われていないようです。

クリックしていく

登録したら、トップサイト左側にある「調査のお知らせ(アンケート)」「Web講演会」「e-Detail(薬剤情報)」の欄をクリックしていきましょう。

主にこの3つで稼いでいきます。

「調査のお知らせ(アンケート)」

アンケートには、1分で回答できる簡易のアンケートと、10分以上かかる通常のアンケートがあります。

簡易のアンケートは3日に1回くらい届きますが、1つ10ポイント=10円しかもらえません。

通常のアンケートは月1回くらいしか届きませんが、1つ1000-3000ポイント=1000-3000円もらえます。

「Web講演会」

Web講演会では、著名な演者が臨床に役立つ情報を解説してくれます。

製薬会社主催のため、多くは薬剤の宣伝も兼ねています。

1回あたり時間は30分-1時間くらいで、1週間に3回程度行われます。

このWeb講演会終了後に出てくる「Expを獲得する」ボタンを押すと、320Exp=160円もらえます。

数が多いため、欠かさず見るとこれだけで月2000円くらい稼げます。

そして、ここで見た内容をm3.comの常設アンケート、「○年○月分 視聴されたWeb講演会についてのご意見をお寄せください」に書き込みましょう。簡単に書けて10エムスリーポイント=44円がもらえます。

これで合計すると1講演会あたり200円になります。

「e-Detail」

「e-Detail」とは、5-15分程度の薬剤についての動画です。

私のところには1-2週に1回程度届きます。

これを最後まで見ると、1つあたり320Exp=160円もらえます。

厳密に言うと、動画の一番最後に出てくる「Expを獲得する」ボタンを押すともらえます。

ちなみに動画は飛ばして見ることができるので、必要ない部分は飛ばして見てもいいと思います。

「日経メディカルメール」

これはおまけです。

日経メディカルに登録していると、かなりの量のメルマガが届きます。

Web講演会のお知らせなんて1講演につき2-3通届きます。

かなり鬱陶しいですが、その中にときどきポイントがもらえるメールが混じっています。

ちょっと堪えて件名(タイトル)だけでも見てみましょう。

件名に【50Exp】といった記載があるやつを見逃さないようにしましょう。

日経メディカル
【50Exp】本日19:00開催!〔シンポジウム〕

これは、日経メディカルと提携した製薬会社のサイトでWeb講演会を見ることにより、50Exp=25円もらえるというメールです。

下のような記載があり、メールから動画にアクセスするだけで、1回あたり50アップ=25円もらえます。

※リンクをクリックしてサイトを閲覧された際に1回を上限に50Expを差し上げます。Expは一定数貯まるごとに自動でポイントに変換されます。たまったポイントはAmazonギフト券、商品券などに交換できます。

大した額ではありませんが月に1回は届くため、もし見つけたらクリックしておきましょう。

まとめ

日経メディカルでは特にWeb講演会を忘れずに見ていきましょう。

このようにしてコツコツと小銭を稼いでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする