医師賠償責任保険は加入すべき?比較してみました

医師賠償責任保険に加入していますか?

周りの医師や勤務先に勧められて入っている方も多いかもしれません。しかし、本当に加入する必要はあるのでしょうか。そして加入する場合、支払い限度額はどのタイプを選べばいいのでしょうか。

ここでは、私自身が加入する際に比較し、検討したことについて書いていきます。

はじめに

引用:日本病院共済会ホームページ

医師を対象とした賠償責任保険には、勤務医向けの「勤務医師賠償責任保険」と、開業医向けの「日本医師会医師賠償責任保険」、そして病院の開設者向けの「病院賠償責任保険」の3種類があります。

訴訟になったときに、患者側が賠償金を請求する先は「病院のみ」「病院+勤務医」「個人の病院やクリニックの理事長」の3通りです。

「病院+勤務医」が訴えられたときに、「病院賠償責任保険」の加入のみで「勤務医師賠償責任保険」は加入していない場合、勤務医へ請求分は勤務医自身が全額自腹で払わないといけなくなってしまいます。

そのため、勤務医は「勤務医師賠償責任保険」に入ることをおすすめします

ただし、病院が「病院賠償責任保険」に加えて、「勤務医師賠償責任保険」のオプションも同時に契約してくれている場合もあります。その場合は、勤務医が自分で保険に入る必要はありません。

おすすめのプラン

限度額は、基本的には1事故につき1億円のプランで十分です。

産婦人科、脳神経外科、外科などの「若い患者が後遺症を残してしまうリスクの高い科」で、特に手術や分娩を数多く行っている場合は、1事故につき2億円のプランに入っていると安心です。

それに対して、皮膚科、リハビリテーション科など、リスクの低い科であれば、1事故につき5000万円のプランで十分です。

迷ったらとりあえず1事故につき1億円のプランにしてください。

参考指標

上記結論に至った参考指標をまとめています。

医師が訴えられる確率については、以下の記事を参照してください。

医師が患者に訴えられる確率はどれくらいでしょうか。 医師賠償保険に加入を検討する際に参考になるかと思い、調べてみました。 は...

また、プラン選択の根拠は以下の記事を参照してください。

医療訴訟における賠償額の相場はどれくらいなのでしょうか。 医師賠償保険に加入を検討する際に参考になるかと思い、調べてみました。 ...

加入方法

医師賠を扱っている保険会社は、損害保険ジャパン日本興亜、三井住友海上、東京海上日動火災保険です。

そして、加入経路は主に以下の4つです。

民間医局
学会
日本医師会
大学同窓会

研修医は、日本医師会の保険に加入するのが圧倒的に安いです。

他は比較してみてもそう大きくは変わりません。

それぞれのプランを見ていきましょう。

民間医局




誰でも簡単に加入できます。

プランごとの年間保険料は以下の通りです。

上のリンクから詳細を確認することができます。

学会

下記の学会に所属している場合に加入できます。

プランごとの年間保険料は以下の通りです。

株式会社カイトーが取り扱っており、左のリンクより詳細を確認することができます。

日本医師会

誰でも加入できます。

損害賠償金の年間総支払限度額(最高限度額)は一律で、1事故1億円、保険期間中3億円です。

免責金額(自腹で払わないといけない金額)が1事故あたり100万円となっています。

会費は以下の通りです。

A①:病院・診療所の開設者、管理者及びそれに準ずる会員 ・・・126000円
A②(B):上記A①会員及びA②会員(C)以外の会員 ・・・30歳以下は39000円、31歳以上は68000円
A②(C):医師法に基づく研修医・・・21000円

医師会ホームページより詳細を確認することができます。

大学同窓会

大学同窓会の所属者のみが加入できます。

民間医局や学会の条件とほとんど変わらないものと思われます。

まとめ

勤務医は「勤務医師賠償責任保険」の1事故につき1億円のプランに入ることをおすすめします。